加悦ファーマーズライス

tel0772-44-3630 受付時間/月〜金 9:00〜17:30

活躍する先輩
〜先輩にインタビューしてみました〜

製造部 中村和史さん (2017年入社)

入社のきっかけは?

 高校の時、食品製造のアルバイトをしていたこともあり、就職担当の先生がこちらを勧めてくださったのがきっかけです。京都府北部で、色んな会社を見学したりしたのですが、この会社は1つのものを作り続けるのではなくて「色んなものが作れる」というところに魅力を感じました。お寿司をつくるのは、単純に面白そう、と思って。
 小さい頃から、近所のスーパーとか、コンビニの商品が陳列されているのを見て、季節ごとにパッケージデザインが変わったり、店によって陳列の仕方が違うのが面白くて好きでした。それは、この仕事に就いた事にも関係しているかな?

仕事のやりがいは?

 自分が作ったものがお客様の元に行った時に、これで大丈夫なのか?と思うけど、容器に入れられている姿を見ると「ちゃんとした商品だ」という気持ちになります。きれいにできてる、うまくいった、という感覚がいいですね。
 初めての仕事は巻き寿司を巻くことでしたが、この仕事は単純なようで奥が深いです。転がす際のちょうどいい位置、力加減があって、それが悪いと海苔が破れてしまったり。
 自分は1つの工程だけでなく、食材出しなどいろんな仕事をさせてもらっているので、よい経験になっています。

初めての人でも大丈夫ですか?

 そうですね、入社したら最初にやること、という仕事もありますし、みなさんすごく優しくて、しっかり教えてもらえるので大丈夫です。
 自分は最年少での入社だったんですが、優しく迎えてくださっています。ぜひ同世代の人に入社して欲しいです!

今後の展望は?

 今は上の人に言われたことをしっかり学んでいきたいと思います。新しい商品を作るってすごいなという思いがあるので、いずれ商品開発なんかもできたらすごいですね。

製造部 三田さん (2018年入社)

入社のきっかけは?

 以前に食品関係の製造会社にいたので、食品の製造がしたいな、合っているかな?と思って、応募しました。私は黙々と作業がするのが好きなので、食品製造のコツコツと作るところと、自分の作ったものが商品となってお客さんに届く実感がもてるところが合っているかなと思って。

仕事のやりがいは?

 実際にお客様が、私が作ったお寿司を食べていらっしゃると思うと、ドキドキします。この会社に入った時は、こんなに人の手でやっているんだと、いい意味でびっくりしました。機械を触って商品が出来上がるのでなく、自分の手で作るのもやりがいです。
自分の作ったものがお客さんに届く実感が強く、商品とお客さんが近い感覚を受けます。次は、お客さんが実際に買っているところを見たいですね。
 あとこの会社は(部署ごとに隔離されていなくて)他の人の作業も見えるので、会社がどんなことをしているかが分かるのが良いと思います。会社の一員だという実感が湧きやすいですね。

初めての人でも大丈夫ですか?

 大丈夫です。入った時は、何をやったらいいのか分からなかったけど、皆さんがちゃんと教えてくれるし、聞いてもすぐ教えてくれます。皆さん、明るくて、元気です。わきあいあいという感じで優しいです。段階をふんで、徐々にできることを広げていけます。
働く環境も、工場内は一定温度で快適ですし、掃除もそれほど大変ではありません。立ち仕事が慣れていないと疲れるかもしれませんが、今のところ、手荒れなどもありません。人間関係も大丈夫です。私は、残業も今の所ありません。

今後の展望は?

 入ったばかりで、今は覚えていくのに必死です。まだ何をやっていくのか、というイメージはないのですが、真面目に作っていきたいと思っています。できることが増えていくのは嬉しいです。

営業部 小田武彦さん (2009年入社)

入社のきっかけは?

 帰郷して、仕事を探していた時に知人からの紹介でこの会社の存在を知りました。
未経験の業種で不安もありましたが、一から挑戦してみようと思いました。スタートは、会社の中枢である炊飯部への配属。3年間経験させて頂いた後、商品部へ。そこで3年間、商品の開発に携わり、その後 今の営業部への配属となりました。
*現在は、兵庫県・滋賀県・岐阜県・愛知県・静岡県・神奈川県の高速道路サービスエリアを担当しています。

入社した当初はどうでしたか?

 「驚き」でした。こんな山奥に、こんな会社があるんだなと思って。
私にとって初めての業種でもあり、毎日が大変でしたが 楽しみの意味で「これからどうなっていくんだろう」と感じていました。振り返ると失敗シーンの方ばかり思い出されますが、多くの経験をさせて頂き 日々勉強でした。私が入社した時は会社がどんどん良くなってきている最中だったので
楽しみでした。

仕事のやりがいは?

 営業部の仕事は売上を上げていかないといけないのでプレッシャーはありますが、販売店様と一緒に協力して売上を上げていくのはやりがいを感じますね。販売店様と親しくなって、私の構想を聞いてくださったり、一緒になって売上を上げるためにどうすればいいかを考えていきます。そのあとに売上がついてくるのですが、そこに達成感が感じられます。
 商品はどこに陳列するか、という配置でかなり売上が変わります。商品を納めるだけではなくて、お客様の動きなどをよく見て、試行錯誤をしながら商品の配置・陳列を提案していきます。それで実際に成果になると、やった感というか、やりがいを感じられますね。

会社の働きやすさは?

 営業ということもあるので、結構自由にさせていただいているというか、上司から尊重していただいています。昨年からフレックスタイム制になったこともあって、より働きやすくなっていると思います。外出が多いので、上司との連絡はほとんどが電話やメール、LINEです。電話で話すのも話しやすいですね。

今後の展望は?

 昨年、関東に進出して 海老名SAでの お取引に成功することが出来ました。東京オリンピックに向け、関東地域で店舗数を増やすことが会社の目標でもあり私自身の目標でもあります。関西と関東の趣向は違っているので、それに合わせた商品展開も考えながら、店舗数を増やすのが命題かなと思っています。

近江八幡店 店長 山﨑一輝さん

お仕事の内容・お店の特徴は?

 滋賀県の近江八幡店の店長をさせていただいています。近江八幡がすぐ近くにあり、観光バスも来られるようなところです。よく売れていまして、特に焼き鯖寿司が当店で一番売れていますね。サバが美味しい、ごはんが美味しい、とみなさんおっしゃいます。あとスタッフさんの対応がいい、とも。
お店では焼き鯖寿司、〆鯖寿司、丹後ばらずし、丹後巻を出しているのですが、店内食ができることと、他の販売店ではやっていない3種セットをお召し上がりいただけるのが特徴です。昼時、特に土日は店内利用の方は多いですね。500円で3種セットが手軽に食べられるのも特徴です。

仕事のやりがいは?

 地域の方もよく買いに来てくださいます。京都の商品であることを知ると「遠いところからやねー」と。こんなところにあったんだ、知らなかったわ、という声も多いですが、だんだんとリピーターの方も増えてきています。
丹後の方も月に3〜4組は来られるので、「丹後なんです」と教えてくれることもあります。丹後の方が来てくださるのは、なかなか距離があ
ると思うので、そんな方がここまで来られるというのは非常に嬉しいですね。

今後の展望は?

 近江八幡ならではのものも考えていて、そういった商品ができないかなと思っています。コラボレーションという形で、地域の方にも喜ばれるようなものを作りたいですね。事業は拡大していきたいと思っています。売上や利益も大切ですが、地域に愛される、支持してもらえるのが大事かなと思います。

こちらのページもご覧ください!

このページのトップへ